スポンサーサイト

  • 2013.09.22 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    鳥居観音 埼玉県飯能市上名栗3198

    • 2012.07.22 Sunday
    • 23:00

    パワースポット☆☆☆☆

    ご利益 頭痛封じ・ボケ封じ

    入山時間:9時-16時
    入山料:車/500円、バイク/300円、徒歩/200円
    救世大観音内部拝観料/200円


    駐車場 無料

     
    早朝

    本堂の前にはキャンプ場があり

    朝から家族で賑わっている



     

     

    埼玉の奥武蔵・名栗にある「白雲山鳥居観音」は、
    埼玉百選に選ばれた観光名所であり、

    広さが約30ヘクタール(東京ドーム6.5個分)ほどあり、
    その山内各所には開祖平沼彌太郎氏(雅号:平沼桐工)が
    30年以上もの長い歳月をかけて築かれた建造物が存在する。

    山頂の救世大観音をシンボルに、本堂・玉華門・仁王門・大鐘楼・平和観音のほか、
    玄奘三蔵塔は西遊記でお馴染みの「玄奘三蔵法師」の霊骨が祀られていることでも有名である。

     
     
    本堂(七観世音菩薩)




     


    平沼彌太郎像

    この山の開祖である平沼彌太郎氏は、
    埼玉銀行(現・埼玉りそな銀行)の初代頭取や参議院大蔵委員長を務めるなど、政財界で波乱万丈な人生を送った人だったらしい。

    それと同時に、観音信仰者だった母親の意思を継いで、この広大な場所を作りあげたという。  

    しかし、凄いのは彼の職務経歴だけではない。

    なんと平沼氏は観音堂計画の後、自ら仏像彫刻家に弟子入りして本格的な技術を習得。

    そして、この場所にある仏像のほとんどを自分で制作したというのだ。

    いわばこの山全体は、彼の世界感が散りばめられた観音パラダイスなのである。

    個人でここまでしてしまうとは、凄いエネルギーだ。

     
     
    本堂の下に水かけ観音


    自分の体の悪い部分と同じところに水をかけると

    身代わりになってくれるという




    ちなみにこの本殿
    ご本尊の聖観音を中央に七観世音菩薩が安置されている。

    毎日の朝晩のおつとめやご祈祷や先祖供養などが行われていて、

    誰でも自由に入りお詣りすることができる。

    またこの本堂は各種美術工芸が施されており本堂そのものが美術品の文庫にようになっているのが特徴的。

    七観世音菩薩の四囲の絵は観世音の住むという補陀落迦山の風景で、絵は野生司香雪の作となっている。

    また中央入口のガラス扉は小川潮人作で直径1.5mの大法輪、四隅に梵字が描かれている。

    四囲の窓は互井開一作で色彩豊かに山と川、人と獣という対比を描いたものとなっている。
     このほか、天井画を彩る四季それぞれの代表的な花々は30人の画家によって描かれている。

     
    本殿内、七観世音菩薩


     

    「鳥居観音」は、既成のどの宗派にも属さない、宗派を超えた独自の宗教活動を行っている単立寺院である。


     
    本堂はこの辺で、山内を探索しに行ってみることに



     
    入口,
    入場料500円

    この山の斜面はとても急で、徒歩だとかなりキツい


     
    最初に見えるのがこの建造物


     
    車一台分?の幅だろうかと思います

     

    玉華門


    玄奘三蔵塔にふさわしい門として、
    三蔵塔からちょうど真下100mほどのところに建立された。
     
    門柱は逆U字形の太い磁石のような形で、柱には狛犬のレリーフが施され、これはタイの古都チェンマイのお寺にある様式を取り入れてるようだ。

    柱の上は二層の唐屋になっており、棟先に竜を配し、下り棟と欄干には鬼、軒先に鳳凰の彫刻が込められている。

    鉄筋コンクリート・高さ11m 昭和44年建立


     
     


     

     

    蛇の目
     
     



     

    大鐘楼鐘楼

    五角形五本柱 高さ11m
    鳥居観音大梵鐘、口径1.2m 高さ1.7m 昭和52年建立

     


     

    玄奘三蔵塔

    玄奘三蔵塔には、

    孫悟空の活躍で知られる物語「西遊記」の三蔵法師、

    正式名は玄奘三蔵法師の霊骨が祀られている。


    塔の第三層(頂上)は十六角形(南方様式)第二層は八角形(中国様式)、第一層は四角形(日本様式)で、他に例を見ない独創的なつくりになっている。

    基盤四方の彫刻物や大香炉は開祖、平沼彌太郎作。

    玄奘三蔵法師は、仏法を求めて17年間にわたり難路天竺に旅行し仏教を研究し、仏典の基礎を確立した東洋の偉人であり、かつ日本大乗仏教を今日みるような盛んなものにした仏教界の大恩人とされている。


    平沼彌太郎は、日本に三蔵塔を建立することは、
    日中親善のために大いに役立つことと考え、
    日本の有名人を発起人とすることを発願し、

    元総理大臣故吉田茂氏など、政界財界人三百余名と二千余名の賛助者の協力で白雲山に建立することができた。


     
     


     


     




     

     
     

    納経塔

    ガンダーラ遺跡から発掘されたものを参考に、

    三蔵塔と大観音の中間の面白岩に建立された。

    一万体観音のための一万巻の般若心経を始め、
    多数の写経が収められている。

    鉄筋コンクリート・高さ15m 昭和48年建立
     
    ここでは「願い成就の輪木り飛ばし」ができる

    輪切りには救世大観音の焼印が押され、

    裏に願い事を記入し、見晴らし台から飛ばす

                  

    ちなみに「輪木り」は、
    山頂の救世大観音の拝観日(土日祝)に大観音入口で販売しており、願い事の記入用のペンもご用意している。

    その他、麓の本堂近くにある寺務所にて販売している。

    こちらは水曜定休日以外毎日販売している。

    一枚300円、もちろん祈祷されている
    輪切りは地元西川材のスギやヒノキで作られている。

     

    標高460メートルの白雲山の山頂に、

    高さ33メートルの大観音と左右に12メートルの小観音、

    本堂には7体の観音像が祀られている


     
     

    北野武監督の映画「Dolls(ドールズ)」の撮影場所として知られている。

    ※土曜日、日曜日には、ライトアップが行われる。

    幻想的な空間をどうぞご覧ください。
    (午後7時30分〜午後10時30分まで)
     

     


     

    救世大観音大観音の堂宇内には

    阿弥陀如来像など多数の仏像が安置されている。

    また永代供養の悲願を込めた高さ33センチの観音一万体が奉られております。

    土日祝日(冬期を除く)には堂内を拝観することができます。

    また展望台は高さ27mあり、奥武蔵の山々を一望することができます。

    大観音は日本寺院の建築様式の他にも、インドや中近東などの様式を取り入れており、中央入口の柱はギリシャ・クレタ島のクノックス宮殿の逆さ柱が取り入れられ、根本に三頭の獅子が回って堂宇を守っている彫刻が施されています。

    また入口の踏み石はセイロン島の寺院でよく見られムーンストーンの形式を取り入れたもので、御影の一枚石に唐草模様を薄彫したものです。

    堂宇内も数多くの彫刻が壁面に納められており、天井周囲のステンドグラスも特徴的です。

    中央大観音・高さ23m、脇立梵天および帝釈天・高さ23m、
    基壇高さ・10m 昭和46年建立



             
     

            
     


     

     
           


     

     


     

     
     

    平和観音(地球愛護平和観音) 観音様の背に鳩の羽を模し、両手で霊水の入った壺を傾け、地球に注いで地球上のあらゆるものを浄化し、天地自然と共に人類の永久的繁栄を祈念して建立されました。見晴らし台になっており、雄大な山々の眺望も素晴らしいです。
    直径5mの地球儀 昭和50年建立(開山35年周年)

     
     

     

     
           
     

     

     
             

    スポンサーサイト

    • 2013.09.22 Sunday
    • 23:00
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      recent comment

      自然系「日本三大パワースポット」

      1・静岡県・富士山(活火山・断層地帯) 2・長野県・分杭峠(ゼロ地場地帯) 3・石川県・珠洲岬(気流融合地帯)

      search this site.

      PR

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << October 2017 >>

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM